ハニカムウエアのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハニカムウエアのブログ

システム開発、セキュリティ対策についての記事を書いています。

WindowsUpdateが終わらない時の備忘録

以前、WindowsUpdateがなかなか終わらなかった(いつもなかなか終わらない)ことがありました。

その原因として、基本的に私はWindowsUpdateの更新プログラムの確認を始めたら、その後はPCを放置しているのですが、実はこの時にPCがスリープ状態になってしまうため、Updateが途中で中断して完了まで時間がかかっていた...。

ということがありました(すごく初歩的なことかもしれません汗)。

もしWindowsUpdateに時間がかかっている場合、PCがすぐにスリープ状態になるような設定になっていないか確認してみると良いかもしれません。

 

PCのスリープ状態を無効にする方法は以下の通りです。

Windows 7 の場合

①以下の順番でアイコン・ボタンをクリック
【スタート】→→【コントロールパネル】→→【ハードウェアとサウンド】→→【電源オプション】→→【コンピューターがスリープ状態になる時間を変更】

②"コンピュータをスリープ状態にする"の右横のプルダウンメニューで【なし】を選択。

③【変更の保存】をクリック。

Windows 8 の場合

Windows 8 の検索で『スリープ』と検索。

②【コンピューターがスリープ状態になる時間を変更】をクリック。

③「プラン設定の編集」ウィンドウから、
"コンピューターをスリープ状態にする"横のプルダウンメニューで【適用しない】を選択。

④【変更の保存】をクリック。

Windows 10 の場合

①【スタートメニュー】 から"設定"をクリック。

②【システム】をクリック。

③"電源とスリープ"を選択して、"画面"と"スリープ"の時間設定を【なし】に設定。

 

弊社ではPCの初期設定(セットアップ)業務も承っております。
セキュリティソフトの導入から、各種設定、もちろんWindowsUpdateも行いますので
お気軽に 弊社ホームページよりお問い合わせください。